FC2ブログ

3ヶ月で月50万円も幻想じゃない!ネットワークビジネス(mlm)成功の光と陰

・ネットワークビジネスで億万長者になる ・mlm被害 今から失敗を学ぶことで回避できる ・会社の選び方、ランキング ・危険なネットワークビジネス、絶対やってはいけないこととは? ・ネットビジネスの成功事例集 ・インターネットで勧誘できる?成功失敗談の嘘を暴露!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
フィンランドのNokia社は、スマートフォンが受信時に振動するだけでは物足りないと考え、受信のお知らせをしてくれる「入れ墨(タトゥー)」を開発しようとしている。

『Unwired View』が発見したところによると、Nokia社が特許を申請している『Haptic Communication』技術では、皮膚に強磁性インクをスタンプ/タトゥー/テープで装着し、スマートフォンなどの電子機器が磁場を発生させて、この強磁性インクを活性化させる。

そして、スマートフォンからの信号に応じて、強磁性インクが特定のパターンで、人間が認識できる刺激を作り出す(例えば、メールの受信と音声通話の受信を区別するという形で)。

スマートフォンのバイブレーション機能は、例えばバッグや紙袋などに入っているときは気がつきにくいが、Nokia社の新技術ではそうしたときにも、音声なしでユーザーに着信などを知らせることが可能だ。

特許書類は頻繁に「タトゥー」という言葉を使っているが、ほとんどのNokiaユーザーは受信が分かるようにタトゥーを入れようとは考えないと思う。
しかし、『Microsoft Zune』のタトゥーを入れたファンのようなケースを、Nokia社が探しまわることはありそうだ。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://smahor.blog.fc2.com/tb.php/2-e3df6b92

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。